【知ってた?】竹花貴騎が海外で行っている事業を徹底解説!

YoutubeやTwitterなどのSNSの発展により、経営者が有名になるケースが増えている昨今。

この記事を読んでいる方の中にも、経営者のYoutubeやSNSなどを見たことがある方もいると思います。

そして、数いる経営者の中でも一際注目を浴びているのが、竹花貴騎です。

竹花貴騎は現在世界中に自身の事業を拡大しており、現在も新たな事業を作るなど、成長が続いています。

皆さんの中にも、竹花貴騎のYoutubeを見たことがある方もいるでしょう。

そんな竹花貴騎氏ですが、彼が新しい事業を始めたことをご存じでしょうか。

今回は、竹花貴騎の海外での事業について詳しく紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

竹花貴騎は海外で何をしている?

数いる経営者の中でも、一際世間から注目を集めている竹花貴騎。

竹花貴騎は、現在海外で生活しており、彼の動向に注目している方も多いです。

本章では、竹花貴騎が海外にて何をしているのかについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ファンド事業

竹花貴騎は、ファンド事業を展開していることをご存じでしょうか。

竹花貴騎は、自身の会社MDSを母体として、ファンド会社を設立しており、さまざまな事業に投資をしています。

普通投資と考えると、為替やETF、株式などが思い浮かびますが、彼の投資は衣食住に関わる店舗系や不動産など、手堅いものが多いのが特徴。

泥臭く、安定したポートフォリオを築いていることから、その評価も高いです。

また、慈善的な投資にも余念がなく、竹花貴騎には生まれ故郷である東村山市に1億円もの寄付をしたエピソードがあります。

竹花貴騎の寄付に関する話は、以下にて詳しく紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

飲食店事業

竹花貴騎は、自身で飲食店を何店舗も経営しています。

元々竹花貴騎は、SNSなどを駆使したマーケティングを得意としています。

飲食店をどこに展開しても、持ち前の集客力と求心力でどの店舗でも一定の成果を残しているようです。

また、会社の研修会のために日本に帰国した際には、実際に焼肉割烹に足を運ぶなど、こまめに事業の管理をしています。

マーケティング事業

竹花貴騎が最も力を入れている分野がマーケティングです。

竹花貴騎が設立した会社「Lim」は元々MEOやSNSを駆使したマーケティングにまつわる会社です。

始めの事業がマーケティングに関わるものだったので、現在も会社の一番の強みとなっているのはマーケティング分野と言えるでしょう。

また現在では、その事業も海外進出を果たし、さまざまな国で実績を作っています。

竹花貴騎のマーケティングについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

竹花貴騎はなぜ海外に渡った?

竹花貴騎は、上述したような事業を日本だけでなく、海外でも展開しています。

彼は、日本に数いる経営者の中でも、海外事業を手がけることに強みを持っており、それが現在注目されているのです。

では、竹花貴騎はなぜ海外へと渡ったのでしょうか。

以下では、竹花貴騎がなぜ海外へと渡ったのかについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

日本の税金が高すぎるから

竹花貴騎が海外へ渡った大きな理由の1つが、税金です。

日本の企業に対する税法は、世界的に見ると厳しく、利益の多くが税金として徴収されます。

一方、他国には税金がほとんどかからないところもあります。

例えば、ドバイやシンガポールなどは税制が比較的緩めで、優遇されているため、これを目的に海外事業を展開する企業も多いです。

竹花貴騎の、税金に対するリテラシーが高いからこその判断ですね。

新しいビジネスチャンスがあるから

竹花貴騎が海外事業を展開した理由として、新しいビジネスチャンスもあります。

日本で商品を販売するよりも、海外にて商品を販売した方がビジネスチャンスは大きいです。

日本市場は停滞傾向にありますが、世界市場は増加の傾向を見せており、これからますます世界の需要は伸びるでしょう。

世界に事業規模を拡大した方がチャンスも増え、結果的に売り上げ増などにつながるのです。

どんなチャンスも見逃さない、竹花貴騎のビジネスセンスが伺えます。

優秀な人材がいるから

竹花貴騎が海外事業を展開する背景には、優秀な人材の影響も大きいです。

海外には、日本人より労働コストが安いにも関わらず、労働生産性の高い人材が多くいます。

特にIT業界がその特徴を色濃く持っており、ITリテラシーの低い日本では、人材不足が続いておりその分労働コストも高いです。

一方、海外ではIT人材が日本人労働者よりも安く雇え、かつ高いアウトプットも可能です。

海外事業を展開することには、メリットがたくさんあるのです。

そもそも竹花貴騎の行っている事業って何?

竹花貴騎が海外事業を展開した理由についてはご理解いただけたでしょうか。

竹花貴騎は、海外事業をすることのメリットを誰よりも早く察知し、さらに行動力もあったため、現在ではさまざまな国で事業を展開しています。

では、実際に竹花貴騎は海外にてどのような事業を行っているのでしょうか。

以下では、竹花貴騎が現在行っている事業について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

海外進出をしたい方へのコンサル

竹花貴騎は、海外進出をしたい方に向けて、コンサルティングを行っています。

企業が海外進出をするメリットは、先ほどの章にて紹介しました。

しかし、メリットが多いのは事実ですが、海外進出はそう簡単にはできないもの。

現地で不動産を契約し、オフィスを構えたり、銀行口座を開設したりと煩雑な手続きが必要となります。

さらに、現地でビジネスをするためには、現地の商習慣を学び現地の労働者を雇うべきですが、それも簡単にはできません。

このように企業が海外に進出するのには、高いハードルが存在するのです。

そこで、竹花貴騎は海外に展開したい企業に向けて、上述した煩雑な作業を全て行う革新的なコンサルティングサービスを始めました。

詳しい事業内容については、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSを利用したマーケティング事業

竹花貴騎は、SNSを利用したマーケティング事業も手がけています。

彼の事業はそもそも、マーケティング分野に長けており、さまざまな企業の集客や経営を支えてきました。

現在では、1万以上の事業者が竹花貴騎のマーケティングコンサルティングを受けており、実績も豊富です。

彼の事業と、設立したきっかけについては以下で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインサロン

竹花貴騎は、その豊富なビジネスのノウハウや、広い人脈を活かして、オンラインサロンの運営も行っています。

竹花貴騎が手がけるオンラインサロン「UR-U」は現在3万人以上のユーザーを有しており、日本では最大級の規模です。

また、オンラインサロンのコンテンツも豊富で、営業やマーケティング、ビジネスマナー、外国語などさまざまな内容が学べます。

幅広いビジネススキルを提供しているオンラインサロンはそう多くなく、質の高い学習ができる点は大きな魅力です。

竹花貴騎とオンラインサロンについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

竹花貴騎について詳しく知るには?

さまざまな事業において、輝かしいほどの実績を残している竹花貴騎。

竹花貴騎について、より興味を持ったという方もいるはずです。

成功している実業家の行動や、考え方を知ることは、自身の成長にもつながります。

以下では、竹花貴騎について詳しく知る方法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

インスタグラム

竹花貴騎について深く知るためには、インスタグラムを使いましょう。

竹花貴騎は、自身のインスタグラムにて、さまざまな有益な情報を提供しています。

起業に関する知識やマーケティングの知識、税金の知られざる仕組みなど、有益な情報が多いので、ぜひチェックしましょう。

竹花貴騎 (@takaki_takehana) • Instagram photos and videos

Youtube

Youtubeも竹花貴騎を知るためには有効なツールとなります。

竹花貴騎は自身のYoutubeチャンネルも有しており、彼の私生活や考え方などさまざまな情報が確認できます

使えるビジネススキルなども紹介しているので、気になる方はぜひ一度閲覧してみてはいかがでしょうか。

オンラインサロン

竹花貴騎の思想に触れたい方に一番おすすめなのが、オンラインサロンです。

オンラインサロンでは、竹花貴騎が教えるビジネスマインドや、彼の知られざる経歴などを深く知ることができます。

さらに、オンラインサロンのイベントなどで、竹花貴騎に直接会うことも可能です。

直接竹花貴騎に会って、いろいろな話を聞いてみましょう。

SNSでは見られなかった一面や、聞けなかった話が聞ける点は大きな魅力です。

また、竹花貴騎のオンラインサロンについて詳しく知りたい方は、以下も併せてご覧ください。

まとめ

今回は、竹花貴騎の海外事業について詳しく紹介しました。

竹花貴騎は、現在もさまざまな新事業を海外にて展開しています。

これは、グローバルな視野をもち、常に成長することを考えている彼であるからこその実績です。

竹花貴騎が海外にて成功した理由を詳しく知りたい方は、以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。