【海外進出】とは?概要やメリットについて徹底解説します!

ITや交通技術の発達により、グローバル化がますます進行する昨今。

日本においても、現在さまざまな企業が海外進出を果たしており、会社の規模を拡大しています。

海外進出には、マーケットの拡大や固定費の削減、節税対策など多くのメリットがあります。

この記事を読んでいる方の中にも、海外進出を考えている方もいるのではないでしょうか。

グローバル化が進行する昨今ですが、一方日本においては、海外進出に対して保守的な企業が多いのも事実。

保守的になれば、海外進出のメリットも享受できません。

そこで今回は、企業が海外進出をするメリットと成功事例について詳しく紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

なぜ企業は海外進出をするのか?理由を詳しく紹介

グローバル化が進行する昨今において、海外進出を目指している企業は多数存在します。

では、多くの企業が海外進出をする理由は何でしょうか。

初めに、多くの企業がなぜ海外進出を目論んでいるのかについて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

企業の知名度が上げたいから

企業が海外進出を目指す理由には、知名度があります。

日本だけでビジネスを展開している企業と、世界に展開している企業であれば、後者の方がより企業としての成長性を感じますよね。

日本市場と比べ世界の市場は現在、拡大傾向にあるため、世界に進出している企業はそれだけ成長性が高いです。

また、世界に展開している事実があれば、企業としての知名度や信頼性向上にもつながります。

固定費を下げたいから

企業が海外進出する背景には、固定費を下げたいという思いもあります。

日本の生産性に対する労働者の価格は、世界的に見ると非常に高額です

さらに、日本では法人税などの厳しい税金制度によって、企業の利益のほぼ半分が失われてしまうのです。

一方、海外であれば優秀な人材を低いコストで雇えます。

さらに、税制が優遇されている国であれば、税金によって利益の半分を失う必要もありません。

税金、労働者などの利益を圧迫する要因から避けられるのは、海外進出の大きな魅力です。

マーケットが大きくなるから

企業が海外進出をする理由として、マーケットの拡大もあげられます。

日本のみでビジネスをしている企業は、日本の市場でしかモノが売れません。

一方、世界に展開する企業であれば、日本の50倍以上の人に対してモノが売れます。

マーケットが拡大すれば、売り上げ増や株式への好影響へとつながります。

そのため、多くの企業が海外進出を目指しているのです。

企業が海外進出をするメリットとは?

企業が海外進出をする理由はご理解いただけたでしょうか

しかし、海外進出をする理由を知っても、それによって得られる便益が分からなければ、行動には移しづらいのが現実。

海外進出をするなら、理由と共に、そのメリットについても知っておきたいところです。

以下では、企業が海外進出をするメリットについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

為替の恩恵を受ける

企業が海外進出をするメリットとして、為替があげられます。

例えば、日本の企業がアメリカで商品を販売する際、受け取る通貨はドルです。

日本が円高の場合は、輸出によって為替差損が発生します。

一方、円安の場合は為替差益が発生するため、輸出業が活性化します。

日本では、プラザ合意によって円高が発生した際に、自動車メーカーがこぞって海外拠点を作った事例がありますよね。

仮に、日本円よりも通貨価値が低い国で作った商品を日本にて販売すればそれが為替差益となり、企業の利益増加に影響するので、この点は大きなメリットでしょう。

人件費が安い

企業が海外進出をするメリットは、人件費にもあります。

海外には、日本人よりも労働コストが低いうえに、日本人よりも労働生産性の高い労働者がいます。

特にIT系の人材は、海外の方が割安です。

日本ではまだまだITリテラシーの浸透が不十分です。

そのためIT人材が常に労働市場において不足しており、日本人のIT系労働者のコストは高くなっています。

IT系人材確保のために海外に拠点を移す企業は、人件費削減の恩恵も受けていることでしょう。

節税につながる

企業が海外に拠点を移すメリットとして、節税効果もあります。

日本では、厳しい税法によって、企業の利益の多くが税金として徴収されますよね。

一方、海外では税制優遇されている国もあるため、そこでビジネスを行えば税金対策ができます。

しかし海外に拠点だけを移すペーパーカンパニーは、日本の税制によって取り締まりを受けるため、現地にてビジネスができる状態にする必要があります。

海外進出にて成功した企業事例

企業が海外進出をすることには、さまざまなメリットがあります。

一方、メリットは把握しているものの、事例がないと動けないと言った企業がいることも事実。

成功している企業がなければ、海外進出へと踏み込むのには躊躇いが生まれます。

海外進出はメリットが大きい分、それだけ困難なのです。

以下では、海外進出にて成功した企業の事例を紹介します。

以下の企業以外にも、飲食店などで現地で成功した事例もあるので、飲食店経営者の方も参考にしてみてください。

マルチスズキ

マルチスズキは、自動車メーカースズキの海外子会社です。

マルチスズキは、インドを中心とするアジア圏に事業展開をしました。

初めはインド人特有の、自己顕示欲を刺激し、富裕層に向けた商品を発売。

もちろん事業を立ち上げた頃は、先行者や成功事例がない状況です。

そのため、はじめは商品の売れ行きは歩留まりが悪かったそうです。

そこでマルチスズキはターゲットを富裕層に変更。

すると富裕層の自己顕示欲を刺激し、商品が売れるようになります。

そして現在はインド中にマルチスズキが普及し、現在では国内シェア1位を保持しています。

味の素グループ

味の素グループも、海外進出にて成功を果たした企業の1つです。

味の素グループは、フィリピンにて事業展開を果たしました。

元々味の素は、日本で製造されている商品のため、物価の安いフィリピンでは高級品となり市民の手には届かない商品です。

そこで味の素は、現地の露店にて手のひらサイズの味の素を販売する事業を開始。

露店で商品を販売するためには、現地の商習慣に習う必要があるため、現地で商人を現金で雇ったそうです。

そして地道に露店での販売を繰り返した結果、フィリピンにて味の素が大きなシェアを獲得することになったのです。

MDSグループ

MDSグループも海外進出にて成功した企業の1つです。

MDSグループの特徴は、システム開発やマーケティングなど、IT系の事業を展開している点です。

IT系の事業はリモートでも可能なため、持ち前のスピード感を活かしてドバイ、シンガポールなどに進出。

節税や安い労働者の恩恵を受ける結果となりました。

さらに、MDSが行うMEOやSNSを活かした事業は、世界的にニーズがあります。

そのため、比較的簡単に海外進出ができたのではないでしょうか。

海外進出をする方法とは?

海外進出の成功事例は、企業の特徴、ビジネスモデルによってさまざまです。

海外進出にて成功するためには、成功者の共通点を真似するべきです。

もちろん、海外進出は容易ではありません。

ぜひ以下の方法を参考に、海外進出への良い示唆を得てみてはいかがでしょうか。

ローカライズ戦略

海外進出を成功させる方法として、ローカライズ戦略があります。

ローカライズ戦略とは、商品を海外にて販売する際に、現地の商習慣や言語に合わせて販売する方法です。

日本方式のマーケティングや、商品パッケージでは海外においては訴求力がありません。

そのため、現地に合わせた適切なマーケティングを行う必要があり、海外にて成功している企業の多くはローカライズ戦略をとっています。

ニーズの把握

海外進出にて成功させるためには、ニーズの把握も必要です。

いくら画期的な商品を開発したとしても、消費者に必要のないものであればその商品は売れません。

商品を販売するのであれば、現地にどのようなニーズがあるのかを把握しましょう。

そして、ニーズに合わせて商品を改変したり、販売方法を変えたりする必要があります。

人材の確保

海外進出にて成功させるためには、人材の確保も必須です。

海外にて商品を売ったり、営業をしたり、ビザを発行したりするためには、現地の労働者が必須です。

さらに、現地の商習慣などに詳しい人を雇う必要もあります。

現地のことを一切わからない場合は、そのようなメンターを見つけづらいデメリットがあります。

企業が海外進出は難しい

日系企業が海外進出にて成功する方法については、ご理解いただけたでしょうか。

企業が海外進出するためには、現地にてメンターを雇用して、市場を調査し、現地にあった方法でマーケティングを行う必要があります。

しかし、資金が潤沢にある企業を除いて、日本の企業にとって、これは簡単にできるものではありません。

日本の経営者はビジネスレベルの英語を話せない方がほとんどで、現地人とのコネクションもないです。

そのような企業は、海外進出のコンサルティングを利用してみましょう。

海外進出のコンサルティングとは、現地での事務手続きや事業展開を全てサポートしてくれるサービスを指します。

海外進出コンサルティングを利用すれば、メンターが簡単に見つかり、商習慣も把握でき、適切なマーケティングが効率的に打てるのでおすすめです。

まとめ

今回は、企業が海外進出をする理由と、そのメリットについて詳しく紹介しました。

企業が海外進出をして、成功させるためには、多大な時間と資金を要します。

なるべく効率良く、メンターなどを見つけて海外進出を進めたい人は、ぜひ海外進出のコンサルティングなどを利用してみてはいかがでしょうか。

以下では、本日紹介したMDSの海外進出コンサルティングについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。