【飲食経営者必見】ドバイへ海外進出する方法とメリットを紹介!

グローバル化の流れが勢いを増している昨今。

日本においても、さまざまな企業や飲食店などが海外進出を目論んでいます。

そして、海外進出先として注目を集めている国の1つがドバイです。

この記事を読んでいる方の中にも、ドバイへの進出を考えている方もいることでしょう。

みなさんは、ドバイへの海外進出はメリットが多いことをご存じでしょうか。

今回はドバイへ海外進出をするメリットと、具体的な成功方法を紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

飲食店がドバイに海外進出するメリットとは?

さまざまな飲食店が海外進出を果たしている昨今。

ドバイは特に海外への進出先としての人気が高いです。

では一体なぜドバイがここまで、高い注目を浴びているのでしょうか。

以下では、飲食店がドバイに海外進出するメリットについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

売り上げを伸ばせる

ドバイへ海外進出するメリットは、売上にあります。

ドバイは世界中の人が集まるハブのような役割を持った国です。

そのため、ドバイにてビジネスを成功させれば、瞬く間に世界へと情報が広がります。

世界へと市場を広げれば、売上が増加することは言うまでもないですよね。

ドバイへと進出する企業の多くは、売上拡大を目的としているのです。

節税できる

ドバイへ海外移住するメリットは節税にもあります。

ドバイは、世界的に税率が低い国として有名です。

日本では、利益の多くが税金として徴収される一方、ドバイでは利益のほとんどを残せます。

そのため、税金対策としてドバイへ海外進出する方も多いのです。

先行者利益を取れる

ドバイへ海外進出する企業の多くは先行者利益を狙っています。

先行者利益とは、誰も行っていないサービスや商品を開拓した市場にて販売することで、受けられる大きな恩恵のことです。

ドバイでは、まだ日本の文化や画期的なサービスが認知されていない側面があることをご存じでしょうか。

これらを先に広めた企業は、先行者利益が獲得できます。

先行者利益を獲得できれば、ライバルが出ない限り市場を独占できるので、安定した売り上げも確保できます。

市場を開拓するためには労力が必要ですが、それ以上に得られる恩恵が大きいので海外進出を検討する企業が多いのです。

なぜ飲食店はドバイ進出を目論んでいるの?

さまざまなメリットがあるドバイへの海外進出。

ドバイへの海外進出にはさまざまなメリットがあり、多くの飲食店がドバイ進出を目論んでいるのです。

以下では、飲食店がドバイ進出を目論む理由について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

需要が大きい

日本の飲食店がドバイへ進出する理由は、需要にあります。

ドバイは、実は親日の方が多いです。

そのため、日本のサービスや商品に興味を示してくれる方が多く、これが日本の商品を販売するうえでの追い風となります。

需要がないところで商品を販売しても、当然ですが売上は立ちません。

一方、ドバイには日本に対する興味や関心といった確かな需要があるので、多くの日系企業がドバイへの進出を検討しているのです。

ライバルが少ない

日系企業がドバイへ進出する理由は、ライバルの多さにもあります。

ドバイにおける日系企業の数は多くありません。

そのため、日本のサービスや商品を販売する際に、ライバルと競う必要がないのです。

ライバルが少ないため日本の商品が広めやすく、この点は大きな魅力ですよね。

ただし現在は、多くの企業が海外進出を検討しているので、ドバイに日系企業が進出をする前に手を打つ必要はあります。

単価が高い

ドバイに海外進出する理由は、単価の高さにもあります。

ドバイは世界有数のリゾート地でもあり、世界中の裕福な方が集まります。

そのため、商品やサービスの単価も高いです。

日本では一杯600円のラーメンでも、ドバイなら3,000円で販売可能です。

さらに、単価が高いといっても、労働費や賃貸費などはそこまで高くありません。

そのため、日本で経営するよりも高い利益率を確保できるのです。

利益率を上げて、より効率的な経営をしたい方はドバイへの海外進出を検討しましょう。

どのようにドバイに飲食店を海外進出させる?

ドバイへの進出をする企業には、確かな理由が目的があります。

ここまで読んだ方で、ドバイ移住に対する想いを強めた方もいることでしょう。

しかし、ドバイへ移住するとしても、具体的な方法がわからなければ机上の空論で終わります。

ドバイへ移住して、メリットを享受するためには、下調べと準備が必要です。

以下では、飲食店経営者がどのようにドバイへ海外進出をさせるのかについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

現地ビザを獲得

ドバイへ移住するためには、現地のビザが必要です。

ビザとは現地にて長期間滞在したり、ビジネスをしたりするための資格です。

この資格がなければ、現地にてビジネスを展開することもできないので、まずはビザ取得から始めましょう。

法人ビザという、法人を立ち上げることで取得できるビザがおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

以下では、ドバイでのビザについて詳しく紹介しているので、併せてご覧ください。

口座を開設

ビザの取得が完了すれば、口座の開設が可能になります。

現地にてビジネスをするためには、現地の銀行口座が必須です。

銀行口座にて手続きをするときは、全てが英語で行われるため、この点は注意しましょう。

なお、銀行口座の開設は現地の方が行った方が早いので、現地のエージェントに依頼するのも良いでしょう。

煩雑な手続きは現地の方やエージェントに任せるのがおすすめです。

不動産を契約

ドバイにてビジネスをするためには、不動産の取得も必須です。

不動産取得も煩雑な手続きとなるので、信頼できるエージェントに依頼しましょう。

立地にもよりますが、ドバイの不動産は比較的高価格なので、吟味が必要です。

また、ドバイは未だに発展し続けている先進国のため、取得した不動産の価値が上がることもあります。

不動産の価値が上がればキャピタルゲインも狙えるため、この点は大きな魅力ですね。

現地の労働者を雇う

不動産の登録が完了したら、現地の労働者を雇用しましょう。

ドバイにてビジネスを展開するためには、現地の慣習に詳しい人間を何人か雇用する必要があります。

現地の商習慣や言語が理解できるスタッフがいなければ、当然ですが店は回りません。

店のマネジメントをしてくれるエージェントと、店で実際に働く方の両方を用意すると良いでしょう。

現地で集客

雇用が完了したら、現地での集客を行いましょう。

ただ店を開いただけでは、ドバイにて商売を行うことはできません。

現地の商習慣や文化に合わせた集客方法が必要になります。

しかし日本と文化が違うため、どのように集客をしたら良いかわからないのが現実ですよね。

上述したような悩みを持つ方に、以下にておすすめの方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

効率的にドバイへの海外進出を成功させる方法

ドバイへの海外進出の手順を理解したら、効率的な方法についても把握しましょう。

ドバイへ海外進出するためにはいくつかの手順が必要ですが、これらの手続きはどれも煩雑で、日本人が行うにはやや困難です。

そのような方におすすめなのが、海外進出エージェントです。

実は現在、ドバイ在住の実業家、竹花貴騎が海外移住サービスを展開していることをご存じでしょうか。

彼のドバイ移住サービスは、他社と比べ遥かに低コストで、質が高いです。

以下では、竹花貴騎の海外移住サービスについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、日本の飲食店がドバイにて進出する方法について紹介しました。

ドバイには、節税や市場拡大など、さまざまなメリットがあります。

一方、手続きが煩雑などの理由で、まだ日系企業が進出していないという一面も。

海外で市場を開拓し、売上拡大を図りたいと考えている方は、ぜひドバイでの挑戦を検討してみてはいかがでしょうか。

以下では、海外進出のメリットについてより詳しく紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。