【1億円の寄付って本当?】竹花貴騎の本当の素顔について紹介!

近年、Youtubeなどの流行に伴って、実業家が世間で有名になるケースも増えてきました。

そんな中でも一際注目を浴びているのが、竹花貴騎です。

この記事を読んでいる方の中にも、竹花貴騎について知っている方もいることでしょう。

知名度、実力もある竹花貴騎ですが、そんな彼が実は地元に寄付したというニュースをご存じでしょうか

実は竹花貴騎は、地元に1億円ほどの寄付をしており、これによってさらに知名度が上昇したとの見解もあります。

今回は、竹花貴騎の寄付について詳しく紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

竹花貴騎は本当に寄付したのか?

初めに、竹花貴騎の寄付についての真相をお話しします。

結論から話すと、竹花貴騎は本当に寄付をしています。

竹花貴騎は、地元東村山市に1億1円の寄付をしており、これは日本で最年少、最多の額の寄付となります。

以下にて、東村山市HPの竹花貴騎の寄付に関する記事を抜粋するので、ぜひ参考にしてみてください。

2020年6月(当時27歳)に、コロナで学校での授業が受けられない子供達へのタブレット教育の支援を実施するために出身地である東村山市へ1億1円を寄付。行政が発表している中では日本国内最年少で最高額の寄付額であり、令和3年9月23日に市民功労表彰式にて市民功労受章者に選ばれた。

出典|東村山市HP

2022年4月27日にも官報本紙第729号において、公益のため多額の私財を寄附し、天皇陛下より「紺綬褒章並びに賞杯」を授与した。

出典|官報 本紙 第729号 10頁

なぜ竹花貴騎は東村山市に寄付をしたの?

東村山市に、多額の寄付を行った竹花貴騎氏。

はなぜ彼は、東村山市に1億円もの額を寄付したのでしょうか。

以下では、竹花貴騎がなぜ寄付をしたのかについて紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

教育に深い造詣を持っているから

竹花貴騎が東村山市に寄付をした理由として、教育への深い造詣があげられます。

竹花貴騎は、教育の大切さを信条として持っています。

例えば、彼は学校教育だけでは人は育たないとして、マネーリテラシーやビジネススキルが身につけられるオンラインサロンを開設しました。

また、彼は日本の学校教育は世界的に比べて後進的と考えており、授業で黒板を使ったり、教育とは関係ない校則を強いたりする点に疑問を呈しています。

そうした教育に対する深い造詣と情熱から、東村山市に対して高額の寄付を行ったと言えるでしょう。

幼少期を過ごした場所だから

竹花貴騎が東村山市に寄付をした理由は、故郷であることがその所以です。

竹花貴騎は、今でこそシンガポールやドバイに住まいを移していますが、幼少期は東村山市で過ごしていました。

幼少期にお世話になった場所だからこそ、寄付という形で地元に貢献したのでしょう。

お世話になった恩義を忘れない、竹花貴騎の義理堅い一面が見受けられます。

格差を是正したい気持ちがあるから

竹花貴騎には、格差を是正したいという気持ちがあります。

これは、東村山市長との対談で話していた内容になりますが、彼はこのように語っています。

僕は海外生活の中で、子どもたちが平等ではない世界を見てきました。格差社会の中で物体での平等は難しく、唯一平等にできるのは教育、知識の平等です。世界に不幸な人がいなくなるためには教育が必要だと思っています。

出典|東村山市HP

竹花貴騎は心の中では、教育の機会を平等に与え格差を無くし、不幸な人がいない世の中にしたいと考えているのではないでしょうか。

竹花貴騎はどんな人なの?

竹花貴騎が寄付をした理由、事実ついてはご理解いただけたかと思います。

では、竹花貴騎という人物はどのような経歴を辿ってきたのでしょうか。

竹花貴騎の寄付についてはわかったが、彼の詳しい経歴については知らない人も多いと思います。

以下では、竹花貴騎の経歴について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

若くして海外に住む

竹花貴騎は青年時代に、海外にて生活していました。

これは、竹花貴騎の父親の方針によるものだそうです。

竹花貴騎は「若いうちにさまざまな経験をするべき」という父の方針で、海外の大学に進学するなど、グローバルな視点を養ったそうです。

竹花貴騎が英語を話せるようになったのも、その経験が大きく影響していると言えるでしょう。

サラリーマンで起業

竹花貴騎は大学卒業後、さまざまな会社にて実績を積むこととなります。

例えば、リクルートの戦略企画室や、SMSでの海外新規事業立ち上げでのエピソードは彼の動画にも出てくるほど有名です。

そして、竹花貴騎は海外での経験やマーケティングスキルを活かしてリクルート勤務時代に起業を試みます。

初期は、SNSなどを活用したオンラインマーケティングを主体とした事業を副業として始めていましたが、これをきっかけに株式会社Limが誕生しました。

会社立ち上げ当初は、通勤時のわずかな時間を利用するなど、苦労の日々が続いたらしく、これは彼の回想話にもよく出てくるエピソードです。

そして現在株式会社Limは、シンガポールやドバイなどさまざまな国にまたがるグローバル企業となっています。

経歴で炎上騒動が起きる

次々と新たなビジネスを成功させている竹花貴騎ですが、成功者の経歴は全てが輝かしいかと言われればそうではないのも事実。

竹花貴騎も例に漏れず、何度か挫折の経験があります。

この記事を読んでいる方で、すでにご存じの方もいるとは思いますが、竹花貴騎は一度炎上沙汰を引き起こしています。

炎上騒動では、オンラインサロンの会員から返金クレームが来るなど、さまざまなトラブルが生じました。

以下では竹花貴騎の炎上騒動について詳しく紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、竹花貴騎の寄付について詳しく紹介しました。

竹花貴騎が東村山市へ寄付をした理由は、以下の3点です。

  • 教育に深い造詣を持っているから
  • 幼少期を過ごした場所だから
  • 格差を是正したい気持ちがあるから

なお、竹花貴樹について詳しく知りたい方は、Youtube、オンラインサロンなどもあるので、ぜひそちらもご覧ください。

以下の記事では、竹花貴騎のオンラインサロンについて詳しく紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。