竹花貴騎とは一体何者?本当の経歴や炎上の真実、海外生活や現在の様子について徹底解説!

竹花貴騎とは?

「元Google」「バリの豪邸」など、2020年の10月末ごろに田端信太郎氏のYouTubeがきっかけで炎上することとなった竹花貴騎。

炎上していくと悪い側面のみがフォーカスされていきますが、竹花貴騎は実際にどんな経歴を持っていて、何をやっている人で、炎上の内容は事実だったのか、きちんと知っている人は多くないと思います。

そこで本記事では、

今回解説すること
  • 竹花貴騎の経歴
  • 竹花貴騎が立ち上げたMUP
  • 竹花貴騎の炎上疑惑の事実確認
  • 竹花貴騎の現在

について詳しく解説していきます。

竹花貴騎って結局、何者なんだと気になる方はぜひ読んでみてください。

竹花貴騎とは?これまでの経歴を解説

竹花貴騎の経歴について、以下の時系列に沿って深堀っていきます。

これまでの経歴
  • 竹花貴騎のプロフィール
  • ハワイへの海外留学を経験し英語力を身につける
  • 大炎上のきっかけGoogle業務委託を経験
  • フィリピンでの海外駐在を経験
  • リクルートへ入社
  • 副業が本業となりLimを設立
  • インスタ好きが作ったInstagramツール
  • 社員教育からはじまったMUPカレッジ

1つずつ解説していきます!

竹花貴騎のプロフィール

竹花貴騎の経歴・肩書きは以下のように多岐に渡ります。

竹花貴騎の経歴
  • Google inc 業務委託
  • SMS Philippine 新規事業開発 (初期業務委託)
  • リクルート住まいカンパニー 新規事業開発室
  • リクルートホールディングス 戦略企画室
  • Lim 元代表
  • MDS (香港) 元代表
  • MDS (シンガポール) 代表
  • MDS FUND LLC (代表)
  • その他12社法人代表

グローバルに、かつ幅広く学んだ後は、リクルート時代に副業で始めたインスタ事業が大きくなり、いつのまにか副業が本業になり独立し、こちらでも成功を収めます。

そこで慢心せずに、MUPカレッジというビジネススクールを設立、多くの稼げるスキルを持った人材を輩出しております。

MUPカレッジは、2021年2月にUR-U(ユアユニ)に統合され名前を変えて、現在も事業は続いています。

ハワイへの海外留学を経験し英語力を身につける

中学2年生から大学まで、メキシコ、ハワイに留学し英語力を身につけていました。

聞き取りやすく、また伝えることが上手な英語力の源泉は留学にあったことがわかります。

大炎上のきっかけGoogle業務委託を経験

Google

その後、Googleに「業務委託」として常駐していました。

元Googleという表記で混乱を招いていましたが、後に業務委託であることを本人が訂正しています。

実はGoogleで働く半数以上が業務委託だそうです。アメリカは元々フリーランス社会で、契約社員として働く人が多くいます。

日本でもフリーランスが増えてきて、現在は労働者人口の約40%の人がフリーランスとして働いているそうです。

フリーランスの方も社会の重要な役割を担っており、竹花貴騎氏の表現の仕方に誤りがあったかもしれませんが、一概に業務委託だからダメとも言えないのかもしれません。

グーグルの従業員数、非正規雇用が正社員を超えたとの情報

フルタイムの社員が世界中に10万2000人いたが、それを上回る膨大な労働者の一団として、臨時雇用の従業員や契約社員が12万1000人いるという。

CNET Japan

フィリピンでの海外駐在を経験

Googleでの業務委託を経験した後に、SMSという会社でフィリピン駐在を経験します。

SMSでの仕事もはじめは業務委託として働いていたそうです。

株式会社エス・エム・エス(英語表記:SMS Co., Ltd.)は、介護や医療関連の人材事業に従事し「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」を経営のミッションとしてかかげています。

竹花貴騎氏はフィリピン駐在では、介護や医療関連の新規事業立ち上げをしていたそうで、そこで新規事業の立ち上げからローンチ、マネタイズまで一通りのビジネススキルを身につけます。

Instagramのライブなどで、フィリピン駐在のことに関して話していたこともあり、その時は右も左もわからない中で新規ビジネスを立ち上げ、はじめてのことも多く泣いたこともあるぐらい辛かったと語ってました。

この頃の経験が現在の新規事業設立にも役立っているとも話していました。

リクルートへ入社

その後リクルートへ入社します。

リクルート入社後は、リクルート住まいカンパニーの新規事業開発室に所属。みなさんも一度は利用したことがあるスーモ関連の住宅事業をしている会社です。

その後リクルートホールディングスの戦略企画室へ移動します。

竹花氏は戦略企画室は精鋭が集まる場所で、天才が集まっていて正直周りについて行くのがやっとであったと語っていました。

リクルートに所属しながら副業として、インスタ関連の事業を始めます。

副業が本業となりLimを設立

リクルート時代に当時鎌倉に住んでおり、会社への通勤時間に副業の仕事を進めていました。

満員電車だと仕事ができないため、新幹線を利用して仕事の時間を確保してたそうです。

副業として始めたインスタグラマーの紹介ビジネスが拡大していき、いつのまにか副業として始めた事業が本業となり株式会社Limを設立。

下記の動画で竹花貴騎氏が会社設立をした当時の思いなどが語られています。

インスタ好きが作ったインスタツール

まだインスタグラムがそこまで注目されていない中、竹花氏はこれは社会に浸透するライフスタイルアプリになると感じ、インスタグラムの自動運用サービスを開発します。

その先見の目があたり、インスタグラム運用が大ヒット!

インスタツールにより会社も大きく成長しました。

現在も会社は変わりましたが、竹花貴騎氏のグループ会社である株式会社MDSで、インスタグラムの運用サービスを提供しています。

MDSのインスタ運用サービス

社員教育からはじまったMUPカレッジ

インスタグラムツールがヒットし、会社を拡大していこうとなり社員を雇います。

しかし、1人1人社員を教育していては時間がいくあっても足りないから、動画で収録してそれも入社前に見てもらい、一定のビジネススキルを身につけさせようと思いつきました。

カリキュラムを作成、動画で収録してYouTubeにアップして、それを見てもらい社員教育を続けます。

そんな中、社内教育の動画がわかりやすいとの声をもらい、これを外部にも向けて発信してみたらどうだろうということから、竹花氏自身のインスタグラムでライブを始めます。

はじめは数人しかライブを見ていませんでしたが、徐々に徐々に評判を呼び数百人が見るようなライブになりました。

これならコミュニティを作りビジネススキルのコンテンツを発信して、そこからいい人材を採用したり、スキルアップしてもっと若い人が活躍できる環境を作れたら面白そうとなり、「MUPカレッジ」がスタートします。

竹花貴騎が立ち上げたMUPカレッジとは

竹花貴騎が立ち上げたMUPカレッジとは、どのようなコミュニティなのかについて解説していきます。

動画ビジネスコンテンツにて会員数を伸ばす 

MUPカレッジがスタートした当初は、毎週水曜日と木曜日にインスタグラムでの無料公開と、Facebookでの限定ライブを実施していました。

水曜日では木曜日にやる内容の一部分をインスタグラムで無料公開して、木曜日にFacebookに有料会員向けにライブをする2本立てで開催していました。

誘導方法の上手さもさることながら、当時ビジネスコンテンツを発信している人も少なく、圧倒的なコンテンツのクオリティもあり、会員数を爆発的に伸ばしていきます。

当時は「ゾウさんクラス」(無料)と「ウサギさんクラス」(有料)の2つのクラスが存在。

無料クラスでは一部の動画コンテンツが視聴でき、有料クラスではWEEKLY動画と言われる竹花氏の動画が、1週間に1本ずつ公開されていました。

MUPではインプットはアウトプットするまでがインプットとよく言われており、動画を見て満足せずアウトプットする期間を設けるために、週に1本の動画公開にしていたそうです。

学べる動画コンテンツの量は、質を保ったまま毎週のように追加され、会員数も右肩上がりで成長を続けます。

また、ビジネススキルを身につけた生徒に対して積極的に投資をしており、生徒が新しく自分でビジネスを立ち上げる、生徒の挑戦している様子などもHPに掲載されています。

生徒の挑戦を見る

竹花貴騎氏の経歴詐称疑惑で炎上

MUPカレッジは日に日に増え続け、気がつけば有料会員数が約3万人に到達。

竹花貴騎氏は当時ビジネスインフルエンサーの先駆けとして圧倒的な人気を誇っていました。

しかし、2020年10月、田端信太郎氏のYouTubeで、竹花貴騎氏のGoogle社員表記は経歴詐称ではないのか?と突っ込まれ、たちまち炎上してしまいます。

そこからいくつもの疑惑も膨れ上がり、一時MUPからの退会者も一気に増える結果となりました。

しかし、真摯に事実を伝えていく中で、正しい情報が伝わり始めて、次第に炎上は収束していきます。

炎上の詳細については下記記事にて詳しく解説していますので、炎上の詳細について知りたい方は合わせてご覧ください。

【大炎上】竹花貴騎と青汁王子(三崎優太)が禁断のコラボ!竹花貴騎が見せた意外な素顔とは?

炎上がきっかけ?MUPからUR-Uに統合

炎上をきっかけに、2021年2月にMUPは現在のUR-U(ユアユニ)に統合する形でリニューアルされました。

竹花貴騎を中心に各業界のエキスパートたちが集まり、日々有益なコンテンツ配信し続けています。

UR-Uの詳細ついては、下記記事にて解説していますので、竹花貴騎氏が運営するUR-U(ユアユニ)が気になる方はご覧ください。

竹花貴騎主宰のUR-U(ユアユニ)オンラインビジネススクール竹花貴騎のオンラインビジネススクール・UR-U(ユアユニ)が全て分かる!忖度無し徹底解説【2021最新版】

竹花貴騎炎上の疑惑は本当?3つの疑惑を深堀り

竹花貴騎の炎上は本当?3つの疑惑を深堀り

竹花貴騎の炎上に関して、以下の3つの疑惑が取り上げられました。

竹花貴騎の経歴
  1. 元Googleの発言で大炎上
  2. バリの豪邸は本当に買うつもりだった?
  3. 地元東村山1億円寄付は本当?

事実に沿って解説していきます。

元Googleの発言で大炎上

1つ目の元Google疑惑は、結論竹花貴騎は「業務委託」の形でGoogleに常駐していました。

元Googleという表記上、社員のように見えていたことが炎上につながってしまいました。

ただ、アメリカはフリーランス社会であり、Googleでは約半数は非正規雇用であるとも言われています。

そのため、業務委託でも任される仕事の重さは決して小さくないと言えるでしょう。

バリの豪邸は本当に買うつもりだった?

2つ目の疑惑は、実際に所有していない別荘をあたかも自身のものとしてSNSに上げたことが始まりです。

この件に関して、三崎優太氏とのコラボ動画内にて竹花氏本人は「購入はしていなかったものの、購入する合意までは取れていた」と話していました。

地元東村山1億円寄付は本当?

竹花貴騎氏は東京都東村山市で少年時代を過ごし、生まれ故郷のような場所です。

炎上の中、東村山市への1億1円の寄付が偽造なのではないかという疑惑も話題に上がりました。

しかし、2020年7月14日に東村山市のHPに1億1円の寄付があったことが掲載されており、寄付が事実出会ったことがわかります。

東村山側は、市立小・中学校の児童・生徒に1人1台のタブレット端末を購入するとの話をされていました。

炎上の詳細については下記記事にて詳しく解説していますので、炎上の詳細について知りたい方は合わせてご覧ください。

【大炎上】竹花貴騎と青汁王子(三崎優太)が禁断のコラボ!竹花貴騎が見せた意外な素顔とは?

竹花貴騎の現在の様子

竹花貴騎のドバイでの活動

炎上疑惑もあった竹花貴騎は現在、何をしているのでしょうか。

最新情報をお届けいたします。

ドバイにて再スタート

2021年に入り竹花貴騎はドバイに活動拠点を移動させました。

なぜドバイに行ったかというと、「日本だけでビジネスをしている自分が小さく見えた」とはなしており、海外でもう一度ゼロからビジネスを立ち上げて見たいとの想いから、拠点を海外に移動させたそうです。

竹花貴騎氏はドバイで、知り合いもコネもないゼロの状態からビジネスをスタートさせ、数ヶ月で売り上げも上げ始めており、圧倒的なビジネスセンスを持ち合わせていることがわかります。

ドバイでは不動産業やIT関連の事業を展開しており、普段の様子など竹花貴騎氏の公式インスタグラムで見ることができます。

今後の竹花貴騎氏の同行にも目が離せません!

また、竹花貴騎氏のMDSグループのブログに現状がアップされることもあるので、気になる方はチェックしてみてください!

MDSグループのブログ

まとめ

竹花貴騎の経歴や立ち上げたオンラインスクール、さらには炎上の事実に関して解説してきました。

竹花貴騎氏が誤った表記や発言があったことも事実ですが、多くの方のスキルアップを支援していることもまた事実です。

竹花貴騎氏が主宰のUR-U(ユアユニ)の詳細を解説している下記記事も合わせてチェックして見てください。

竹花貴騎主宰のUR-U(ユアユニ)オンラインビジネススクール竹花貴騎のオンラインビジネススクール・UR-U(ユアユニ)が全て分かる!忖度無し徹底解説【2021最新版】