【個人事業主必見!】節税にもなる?ドバイへの移住条件を紹介!

近年、ITやアプリケーションの発達により、リモートワークにて業務を行う方も増えてきました。

この記事を読んでいる方の中には、全てリモートワークにて仕事を行っている事業主の方もいることでしょう。

実は現在、リモートワークの普及に伴って、海外を拠点に仕事をしたいと考えている方が増加傾向にあります。

中でも、移住先として注目を浴びているのが「ドバイ」です。

ドバイには、移住するとさまざまなメリットがあります。

今回は、ドバイ移住の条件や詳しいメリットについて紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ドバイに移住するための条件は?

ドバイ含め、海外に移住をして仕事をするためには、ビザが必要となります。

ビザとは、その国にて居住をするための資格のようなものです。

一般的に海外では、永住ビザという、半永久的にその国に滞在しても良いという資格がありますが、ドバイは例外です。

ドバイには永住ビザがなく、他の2つのビザのどちらかを取得する必要があります。

ドバイの詳しいビザについては、以下で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドバイに移住するために必要なビザは?

多くの方から海外移住先として注目を集めているドバイ。

ドバイに移住するためには、以下の2つのビザが必要となります。

  • 不動産ビザ
  • 就労ビザ

2つのビザの詳しい内容については以下を参考にしてください。

取得条件年数更新方法就労
不動産ビザ不動産を所持すること3~5年不動産を所持していること
就労ビザ法人を設立すること3年法人を維持していること
ドバイの2つのビザ

不動産ビザと就労ビザには、細かな違いがいくつかあります。

自身がどのビザにふさわしいかを知り、自身にあったものを選びましょう。

以下では、2つのビザの詳しい内容について紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

不動産ビザ

不動産ビザは、ドバイにて住居用不動産の登録をすると獲得できるビザです。

また、不動産ビザは、入居用不動産の価格によって、年数が異なります。

例えば、購入した不動産が約2,500万円以上であれば3年間、約6,800万円以上であれば5年間のビザ(居住ビザ)が獲得できます。

不動産ビザは、6ヶ月に1回の入国ルールを守ればビザの維持ができるため、毎日のようにドバイに住まう必要もありません。

長期的に住まう予定がない方にはおすすめのビザですね。

就労ビザ

就労ビザは、ドバイにてビジネスを始める方におすすめのビザです。

取得方法は、ドバイにて法人を立ち上げることで、法人を設立することで3年間のビザが獲得できます

法人ビザを獲得することで、現地でのビジネスが可能となります。

法人ビザは不動産ビザに比べると獲得するためのコストが低いです。

さらにドバイでは、不動産ビザの規定にないビジネスをするなどの禁止行為を犯すと、罰金となる可能性が高いです。

現地でビジネスをする方は、就労ビザを取得しましょう。

事業主がドバイに移住するメリットとは?

2つのビザで長期滞在が可能となるドバイ。

現在、上述したビザを新たに取得する事業主の方も増えています。

では、事業主がドバイに移住するメリットとはどのようなものなのでしょうか。

以下では、事業主がドバイに移住するメリットを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

節税対策になる

ドバイに移住するメリットは節税にあります。

ドバイは世界的にみても、税金が非常に低く、法人税は日本の半分以下です。

そのため、法人税軽減のためにドバイに移住する方も少なくないのです。

日本で会社を経営する場合、利益の半分以上が税金として徴収されます。

一方、ドバイにて経営を行えばこの税金を1割程度に抑えられるのです。

以下では、海外進出にて節税をする方法について紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

リゾート気分で仕事できる

ドバイに移住をして、仕事をすることには、リゾート気分で仕事ができるといったメリットも。

ドバイは国をあげて観光地の開発をしており、世界中の方が訪れる有名な観光地となっています。

世界有数のリゾート地であり、ビジネスにおいても注目を浴びている地区はそうありません。

世界的に注目を浴びている「リゾート地にて仕事をしてみたい」という方もいることでしょう。

仕事の効率をあげたい、素敵な場所で仕事がしたいという方は、ぜひドバイでの仕事を検討してみてください。

高いインフラを享受できる

ドバイを税金の安い国として認知している方もいることでしょう。

一般的に税金が安い国は、インフラなどのサービスが整っていない場合が多いです。

一方ドバイでは、インフラの質も高く、さまざまなサービスが受けられます。

例えば、ドバイの交通は世界でも有数の先進国であり、積極的に革新技術を取り入れる国柄から、交通網が非常に発達しています。

無人メトロやカーシェアリングなど、最先端の交通技術により移動に困ることがないのです。

さらに、現地国民として現地の学校に子どもを通わせる場合は、大学までの教育費が無料になります。

ドバイでは、教育にも最先端の技術や理論を用いており、マルチリンガルとして世界で活躍する人材も増えています。

質の高い教育をさせたい方は、ぜひドバイの教育制度を利用してみましょう。

正直事業主がドバイに移住するのは簡単?

ドバイにはさまざまなメリットがあることがご理解いただけたと思います。

しかし、「具体的にどのようにドバイに移住をしたらいいかわからない。」と悩む方もいるのが事実。

結論から話すと、事業主が自身で全て調べてドバイに移住をすることは難しいです。

ドバイへ移住するためには、ビザの取得をする必要がありますが、そのためには、現地の習慣に従って手続きをする必要があります。

しかし、文化や言語が全く違うドバイにて全ての手続きをするのは簡単ではありません。

そのため、多くの方がドバイへの移住を検討しているが、実行に移せていないのが現実です。

なぜ事業主がドバイへ移住するのが難しいの

さまざまなメリットがあるにも関わらず、言語や文化の違いによって移住がはばかられる現状。

なぜ多くの方がドバイへの移住を決行できずにいるのでしょうか。

その具体的な理由について以下で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

手続きが難しい

ドバイへの移住の手続きは比較的簡単ですが、日本との文化や言語の違いでこれが困難になります。

例えば家族で移住をするなら、家族のビザを取得する必要があります。

法人を設立する方は、従業員やパートナーなどのビザも必要です。

銀行口座や不動産の手続きも場合によっては必要となります。

しかし、現地の頼れる人がいなければ、そもそも手続きをする場所すらわからないでしょう

このように、手続きが簡単にも関わらず、手段がないために手続きが難しくなっていることが、多くの方のドバイ移住を阻んでいるのです。

移住には費用が必要

ドバイへ移住するためには、費用が必要になります。

ドバイへ移住する際に、多くの方は移住コンサルやエージェントを利用しますが、全てのコンサルがクリーンというわけではありません。

例えば、日本人はドバイのことをよく知らないがために、移住のための諸経費として数千万円を要求してくる業者もいます。

そのような業者を頼ると、法外な請求がされるため、「費用がないから」ということで移住をやめる運びとなるのです。

本来なら、ドバイへの移住費はコンサルを介しても上述したような法外な金額とはなりません。

向こうでのメンターが必要

ドバイへ移住するためには、現地での頼れるパートナーが必要です。

しかし、向こうでのメンターとなる存在が探せていない方がほとんどです。

そもそもドバイは、日本人がそこまで多く進出していません。

頼れるパートナーが少なく探せないため、移住が難しいといった事態を引き起こしているのです。

さらに、パートナーが探せないことに加えて、それをいいことに法外な金額を請求してくる移住エージェントもいるので、この点は注意が必要です。

ドバイへ手軽に移住する方法とは?

ドバイへの移住が難しい現状で、事業主の方におすすめの移住手段は何なのでしょうか。

結論から申し上げると、それは「良いエージェントを見つける」ことです。

ドバイには、日系企業や日本人を移住させるためのエージェントがいくつか存在しています。

法外な金額を要求してくる詐欺まがいな会社もいますが、全てがそうではありません。

中には良心的なサポートの厚い企業も存在します。

エージェントを利用すれば、不動産の登録や銀行口座の開設方法、現地での暮らし方などさまざまなことが手軽にわかります。

以下では、現在注目されている移住エージェントのメリットについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、ドバイへの移住方法やメリットについて紹介しました。

ドバイへ移住するためには以下のいずれかのビザが必要です。

  • 不動産ビザ
  • 法人ビザ

問題なく手続きをするためには、現地でのパートナーを用意することが重要です。

ぜひ本記事を参考に、最高のメンターを見つけ、悔いのない移住にしましょう。

以下の記事では海外進出のメリットについて紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。