【誰でも簡単】統率力を身につける3つの方法!組織で重宝される新材になるための一歩を徹底解説!

統率力は誰にでも身につける事ができるのご存知でしょうか?

方法を理解し実践することで、周囲の人から頼られる統率力を身につける事ができます。

「統率力がない」とお悩みのかた必見の記事となっています!

統率力とは!?

そもそも統率力とはどのようなものかご存知でしょうか?

統率力とは、自分以外の組織のメンバーをまとめ牽引していく力のことを指します。

統率力は社会人として働いていく上でも非常に重要なスキルです。

簡単に身につくものではありませんが、身につけるメリットや必要な行動をお伝えしていきます。

リーダーシップ・マネジメント力との違い

統率力と言えばよく「リーダーシップ」や「マネジメント」という言葉と同じように捉えら
れる事が多いですが、ここでそれぞれの違いを把握していきましょう。

・リーダーシップとは
統率力は、リーダーシップを構成する1つの要素です。
リーダーシップのある人は「統率力」を持ち合わせている必要がありますが、その他にも「コミュニケーション力」や「思考力」、「判断力」などさまざまな要素があります。

・マネジメントとは
マネジメントは統率力と異なり、1つの手法のことを表しています。
目標を達成するために資源や資産を使い、組織の活動を維持管理する手法のことです。
統率力との大きな違いは目標達成に対する役割の点です。

統率力を身につけるべき3つの理由

ではなぜ統率力を身につけるべきなのか。

ここでは統率力を身につけるべき理由を3つ紹介していきます。

  • 社会人として周囲と差をつける事ができる
  • 企業から非常に求められるスキル
  • 率いることのできる人数の規模が大きくなる

1つずつ詳しくまとめていきます。

社会人として周囲と差をつける事ができる

統率力は身につけようとしても簡単に身につくものではありません。

多くの経験を積んでいく中で身についていくものです。

簡単に身につける事ができないということは、身につける事ができると自分の市場価値を高めることにつながります。

市場価値が高まることで、周囲と大きな差をつけるに繋がっていきます。

企業から非常に求められるスキル

統率力は企業から非常に求められるスキルです。

企業が大きくなるということは、組織をまとめる人が必要になるからです。

つまり企業で働いていく中で出世していくために、統率力は必ず持っておくべきスキルになります。

早い時期から統率力を身につけておくことは、それだけ企業から求められる人材になることにつながります。

率いることのできる人数の規模が大きくなる

統率力を身につけることで、束ねる人数の規模が大きくする事が可能になります。

大きな組織に所属している上で、自分の地位を上げていくためには統率力を身につけて束ねる事ができる人数を増やす必要があります。

企業に勤めて出世していく上では、なくてはならないスキルであり身につけておく事で重宝されるスキルです。

統率力を身につける3つのメリット

統率録が求められる理由を理解していただけたと思います。

ではここから実際に統率力を身につけるメリットを3つ紹介していきます。

  • 決断する力がつく
  • 大きな裁量権を得られる
  • 周囲から信頼される

1つずつ詳しくまとめていきます。

決断する力がつく

統率力を身につけていくとより大きな組織を束ねていくことが可能になります。

組織の規模が大きくなると決断の回数や重みが増えていきます。

なぜなら組織を束ねる立場になると自分だけでなく部下や組織の方向性を決断する場面が増えるからです。

単純に決断の機会が増えるということは、決断する事が当たり前になり自然に決断力が身についていく可能性が高まるでしょう。

大きな裁量権を得られる

統率力を身につけるとより大きな規模の組織を率いていくことにつながります。

組織の規模が拡大することは、目標のスケールや束ねる人の数が増していくという事です。

自分の決断がもたらす影響が大きくなり裁量を持った行動を取ることにつながります。

その分責任を持つ事が必要ですが、個人の力では到底できないようなことに関わるチャンスを得る事ができるでしょう。

周囲から信頼される

統率力のある人は周囲からの信頼を確立する事ができます。

日々の統率力のある人は日々コミュニケーションや、決断力することでメンバーを引っ張っていく必要があります。

そうした行動を怠らずに実行し続けることで信頼を確立することにつながります。

統率力がある人の5つの特徴

実際に統率力がある人には共通する特徴が存在します。

ここでは特徴を5つ紹介していきます。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 目的・目標が明確に定められている
  • 決断力がある
  • 組織のメンバーについて把握している
  • 経験を積んでいる

1つずつ詳しくまとめていきます。

コミュニケーション能力が高い

統率力を身につけ組織を束ねる立場になると多くの人とコミュニケーションを取る機会が発生します。

色々な考えを持った人に対して一様に統率力を示すにはコミュニケーションスキルが高くなければなりません。

組織のメンバーに行動させるためには相手に伝わるコミュニケーション方法を身につけていく事が必要になるため、統率力のある人はコミュニケーションスキルが高い人が多いと言えます。

目的・目標が明確に定められている

統率力のある人は明確な目的や目標を持っています。

目的や目標を達成するために、取るべき行動を判断し組織のメンバーの方向性を示さなければならないからです。

ゴールがない状態で人を導くことはできません。

目的・目標を定めそこに向かって人を引っ張っていく力がある人が統率力を持ち合わせている人と言えるでしょう。

決断力がある

統率力のある人の代表的な特徴として決断力がある事があげられます。

統率力を身につけ組織を束ねる立場になると決断を強いられる機会はたくさん発生します。

そこで自分やメンバーに向けて責任を持った決断を重ねていく事で、決断力が身につき結果として決断力の人が多いと言えるでしょう。

組織のメンバーについて把握している

組織のメンバーのことを把握していることも1つの特徴と言えます。

上部だけの会話ではメンバーを管理し、行動させることは難しいでしょう。

日々の行動や言動、また日常のコミュニケーションからメンバーのことを把握している事が特徴としてあげられます。

日々のコミュニケーションから意識する事で統率力を身につけることにつながるでしょう。

経験を積んでいる

統率力のある人には多くの経験を積んでいるということも1つの特徴です。

年齢や仕事における経験をメンバーよりもたくさんしていることで、指示を出したり決断する上での信頼感を確立することにつながります。

統率力を身につける上で、自分を信用してもらうためにも仕事に関することだけに関わらず多くの経験を積んでいることも1つの特徴としてあげられます。

統率力を身につける3つの方法

統率力はなんとなく過ごしていては身に付きません。

そこで統率力を身につく蹴るための方法を3つ紹介していきます。

  • コミュニケーションスキルを身につける
  • 「組織」を身につける経験を積極的に積む
  • 研修やセミナーで学ぶ

1つずつ詳しくまとめていきます。

コミュニケーションスキルを身につける

統率力を身につける上で必須スキルが「コミュニケーションスキル」です。

相手に簡潔に伝えたいことを伝えることや、全ての人に同様に内容を伝えることは簡単ではありません。

話し方や相手に合わせて伝え方を変えるなど、コミュニケーションスキルを身につけることは非常に重要になります。

コミュニケーションスキルは意識して話すことや、伝え方を学ぶことで誰にでも習得可能なものなので身につけることをおすすめします。

「組織」をまとめる経験を積極的に積む

統率力は組織をまとめる経験を積むことで身についていきます。

逆に言えば経験することなく身につけることはできません。

仕事の場面だけでなく、プライベートや所属しているコミュニティーなどで積極的にまとめる経験をする事が、統率力を身につけるための近道です。

規模の大小は問わずに積極的に経験を積んでいくことで、統率力を身につけることにつながります。

研修やセミナーで学ぶ

現場で統率力を身につける事が難しい場合は、セミナーや研修を活用することも1つの手段です。
実際に現場で組織を束ねる経験をしている人の話や、コミュニケーションスキルなどのセミナーを受けることも重要なことです。

そのような場で知識や考え方をインプットし、現場で実際にアウトプットすることで自分の力になります。

コミュニケーションスキルを高める話し方

統率力を身につけていく上で必要な事がコミュニケーションスキルを高めていく事です。

より多くの人と関わるからこそ、このスキルを身につける事が必須となります。

そこでコミュニケーションスキルを身につけるために気をつけるべき2つのポイントを紹介していきます。

  • 結論から話す
  • 「事実」と「解釈」を使い分ける

1つずつ詳しくまとめていきます。

結論から話す

統率力を身につけるためには結論から話すことを徹底しましょう。

まず伝えるべき結論から話し、その後に根拠を伝えることで説得力が増します。

多くの人とコミュニケーションを取る中で端的にそして明確に伝えたいことを伝えるためには、結論から話す事が必要です。

日常の会話から心がけることで身につける事が可能ですので、ぜひ実践してみてください。

「事実」と「解釈」を使い分ける

コミュニケーションを取る上で気をつけるべき点として「事実」と「解釈」を使い分ける事が重要です。

「事実」と「解釈」を使い分ける事ができないと、同じことを話していても聞き手によって情報の受け取り方が変わってきてしまうからです。

多くの人とやりとりをする中でコミュニケーションエラーを起こさないようにするためにも、会話の中で使い分けることを心がけていきましょう。

統率力を身につけたい人にはオンラインスクールのUR-Uがおすすめ

もし現在、統率力を身につけたいが「どうすればいいかわからない」という悩みをお持ちの方は、オンラインスクールのUR-Uを活用してみてはいかがでしょうか。

このオンラインスクールではビジネスシーンにおけるより実践的な内容を学ぶ事ができます。

「事実」と「解釈」を使い分けて話す方法など、実践で使う事ができるフレームワークなども交えながら社会人に必要なスキルを身につける事ができます。

何から手をつけていいのか悩んでいる方はぜひ一度お試しください。

オンラインスクールUR-Uについてより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

竹花貴騎主宰のUR-U(ユアユニ)オンラインビジネススクール竹花貴騎のオンラインビジネススクール・UR-U(ユアユニ)が全て分かる!忖度無し徹底解説【2022最新版】

まとめ

統率力について理解していただけたでしょうか?

仕事をしていく上で身につけておいて損はありません。むしろ重宝されるスキルだと言えます。

すぐに身につけることはできませんが、誰にでも手に入れる事ができるものだと思います。

ぜひ現場での経験やセミナーなどで学ぶことを通して身につけるための行動をとってみてはいかがでしょうか。

その他にもビジネスで役立つビジネスフレームワークについて解説している記事もありますので、合わせてご覧ください。

ビジネスフレームワークとは?ビジネスで今すぐ役立つフレームワークビジネスフレームワークとは?今知るべきフレームワーク厳選5選と実践的な使い方を徹底解説