【絶対NG】クラウドソーシングの比較と始めてはいけない理由を紹介

近年、正社員でも生活に困窮する方が増えてきており、副業が注目を浴びています。

そして副業を手軽に始められる手段として、クラウドソーシングも同じように注目されるようになった昨今。

クラウドソーシングを利用して副業を始めようと考えている方もいることでしょう。

クラウドソーシングには、初心者でも簡単に副業が始められるというメリットがあります。

しかし副業を本気で始めるなら、クラウドソーシングを検討するのには注意が必要です。

もしかしたら、副業で稼ぐどころか、あなたの人生の大切な時間が奪われる可能性があるのです。

クラウドソーシングを始めるには、必ずさまざまな会社を比較検討する必要があります。

今回は、クラウドソーシングについて比較しながら紹介するのでぜひ最後までご覧ください。

クラウドソーシング会社を比較してみた!

副業を始めようと考えている方が初めに検討するのが、クラウドソーシングですよね。

クラウドソーシングを始めようと考えている方は、一度会社の比較をしましょう。

なぜなら、クラウドソーシング業界は、現実よりもブラックで、良い会社を選ばないとあなたが大きな損をする可能性があるからです。

そこで今回は、人気クラウドソーシングサービスと、代理店プラットフォームの「クラスタ」でさまざまな指標を比較しました。

比較表を参考に、クラウドソーシングの現状をぜひ把握してみてください。

サービス収入利用者数手数料スキルアップできるか登録の手間利用料
クラスタ代理店プラットフォーム月10〜100万以上多いなしできる非常に簡単UR-U利用で無料
クラウドワークスクラウドソーシング月1〜5万円非常に多い20%仕事による複雑システム利用料15%
ランサーズクラウドソーシング月1〜5万円多い20%仕事による複雑システム利用料5.5%
ココナラクラウドソーシング月0〜10万普通22%できない複雑システム利用料5.5%
各クラウドソーシングサービスと、代理店プラットフォームの比較表・・・代理店が優れているのが分かる

収入で比較

まずは、副業を検討している方が一番気になる、収入についてです。

副業と聞くと、月に100万円も夢じゃないと考える方もいると思いますが、実際はそう簡単ではありません。

例えば、クラウドワークスやランサーズでは、そもそも月に100万円以上稼げるような仕事が市場に出回っていません。

また、単発で作業するだけの仕事が多いため、スキルアップにもつながらない場合が多いです。

スキルアップができなければ、あなたの仕事はいつまでも低い単価のままです。

クラウドソーシングを比較する場合は、自身がどれくらいの収入が欲しいのかをよく検討しましょう。

利用者数で比較

クラウドソーシングを比較する際は、利用者にも注目しましょう。

クラウドソーシングの種類は、人気のものからマイナーなものまでさまざまです。

しかし、利用者が多いからといって登録をするのは大きな間違いです。

実は、人気のあるクラウドソーシングサービスであっても、手数料と利用料だけで利益の35%が引かれるところもあります。

人気があると言っても、そこだけに注目していては大きな損をするのです。

みなさんも、手数料の高いクラウドソーシングサービスに騙されないようにしましょう。

手数料で比較

クラウドソーシングを比較するときは、手数料に注目しましょう。

手数料は、クラウドソーシングを比較する上で一番重要です。

例えば、クラウドワークスはシステム利用料と手数料で35%が利益から引かれます。

また、ここに源泉徴収や消費税が加われば、40%以上が利益から引かれるのです。

つまり、10万円を頑張って稼いだとしても、手元に入るお金は6万円ほど。

手数料の高いサービスを選ぶことで、あなたは40時間の労働を無駄にする羽目になります。

そのため、「人気のあるから」「雰囲気が良いから」と言って、安易にクラウドソーシングサービスを選ぶのは非常に危険なのです。

スキルアップで比較

クラウドソーシングサービスを比較する際は、スキルアップができるかどうかにも着目しましょう。

例えば、ココナラは自信のスキルを販売して稼ぐプラットフォームですが、こちらは他人に何かを教えるだけであなたのスキルアップにはつながりません。

クラウドワークスなどのサービスは、良いクライアントと出会えたらスキルアップにつながる可能性はあります。

しかし、ほとんどが低単価で単純作業の仕事であるため、スキルアップにつながる案件は稀です。

確かに人気があり、メリットばかり目に入るかもしれませんが、あなたが成長できなければ、一生収入を上げることなどできません。

登録の手間で比較

クラウドソーシングを比較する際は、登録の手間にも着目しましょう。

クラウドワークスやランサーズでは、日々案件の取り合いが行われております。

そして、案件を取るためには、プロフィールに少しでも多くの資格や経験を書き込む必要があります。

そのため、始めてから案件を獲得するまでに非常に時間がかかります。

プロフィール登録だけで、数日を要することもあるので、この点ではスピード感がありませんね。

利用料で比較

最後に、クラウドソーシングを比較する際は、利用料にも着目しましょう。

利用料とは、そのサービスを利用するにあたって支払わなければならない、フィーのことです。

みなさんが知っているクラウドソーシングの利用料はなんと「5%〜15%」ほど。

つまり10万円を苦労して稼いでも平均で1万円は利用料として奪われてしまうのです。

また、そこに手数料や税金などで3万円ほどが先方に徴収されます。

そう考えると、いかに人気のサービスでも、比較検討をしなければ全く意味がないということがわかると思います。

おすすめは?

上記の比較表を参考にすると、手数料をかけずに、なるべく多くの収入を得たい方には代理店プラットフォームの「クラスタ」がおすすめです。

クラスタは、日本最大級の代理店プラットフォームで、スキルアップをしながら高収入を目指せます。

クラウドソーシングとはサービスの構造が異なり、利用料を支払うことで高い質、高単価の仕事の受注が可能です。

またUR-Uに入会している方であれば、この利用料を無料にすることもできます。

クラスタは現在上述したようなメリットの豊富さから、現在多くの方から注目を浴びている副業サービスなのです。

クラスタの詳しい内容については、以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にして見てください。

【要注意!】クラウドソーシングは始めるべき?

しっかりと比較検討をする必要があるクラウドソーシング。

クラウドソーシングは、確かに初心者の副業の手段としては手軽で良いかもしれません。

しかし現実は、手数料などがかかるため、望んだような結果にならない可能性が高いです。

実はクラウドソーシングは、手軽で始めやすい反面、ほとんどが稼ぎづらいサービスなのです。

そのため、クラウドソーシングを始めようと考えている方は、何度も言いますがきちんと比較検討する必要があります。

クラウドソーシングのワナとは?

副業の手段としてクラウドソーシングを検討している方は、その罠についても把握しておきましょう。

現在はココナラやランサーズなど、さまざまなクラウドソーシングが市場で人気を集めています。

しかし、人気があるからと言って、安易にクラウドソーシングを利用するのは危険です。

以下では、クラウドソーシングを利用する前に気をつけておきたいポイントを紹介します。

手数料が大きい

クラウドソーシングは無料で誰にでも始められるため、一見副業の手段として最適に見えますが、そうではありません。

クラウドソーシングには手数料が大きいという罠があります。

上述したように、ほとんどのサービスに20~30%ほどの手数料がかかります。

そのため、収入を得てもその3分の1が徴収されるのです。

直接契約ができない

クラウドソーシングには、直接契約ができないというデメリットも。

クラウドソーシングでは、クライアントと個人の直接契約が違反となっています。

なぜなら、クラウドソーシングサービスにて手数料が徴収できないからです。

本当は、クライアントと個人が直接契約できれば、お互いがWinWinであることは自明の理ですよね。

単価が低い

クラウドソーシングの罠は、単価にもあります。

クラウドソーシングには初心者がすぐに稼げる環境がありますが、その単価は決して高くありません。

例えば、時給単価が100円ほどの仕事もたくさんあります。

せっかく副業を始めるなら、なるべく短時間で高収入が目指せるものが良いですよね。

スキルアップにならない

クラウドソーシングには、スキルアップができないという罠もあります。

副業で高収入を稼ぐためには、それなりのスキルが必要になりますよね。

しかし、クラウドソーシングには、単発で作業をするだけの仕事が多く存在します。

そのため、スキルアップに結びつかず、多くの方が報酬を向上させられない状況があるのです。

単発が多い

クラウドソーシングの案件は、多くが単発の案件です。

例えば、一回だけ写真を撮る仕事や、Youtubeの動画を1ヶ月だけ作成する仕事など、短期間のものが多いのです。

単発の案件が多いことで、個人は安定した収入が得られず、この点もデメリットとしてあげられます。

副業をするなら、継続で長い間働ける案件に応募したいところですよね。

良いクラウドソーシング会社の例とは?

さまざまな罠があるクラウドソーシングですが、もちろん良い面も存在します。

今回は、良いクラウドソーシングの会社の例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

稼げる

良いクラウドソーシングは、稼げます。

例えば、月に10万円程度を安定して稼げるクラウドソーシングは良い会社と言えるでしょう。

もちろん、稼ぐためにはそれなりのスキルが必要なので、きちんと研修やスキルアップの機会を作ってくれるところが前提です。

教育制度が整っており、なおかつ稼げる案件があるところを選びましょう。

手続きが簡単

良いクラウドソーシングは、手続きも簡単です。

クラウドソーシングサービスのほとんどは、仕事を獲得するためにプロフィールを充実させる必要があります。

一方、良いクラウドソーシングの会社は、すぐに登録が済みます。

手間をかけずにすぐに始められるところが理想的ですよね。

スキルアップができる

良いクラウドソーシングは、スキルアップもできます。

案件が簡単に取れたとしても、自身のスキルが向上しなければ意味がありません。

スキルが向上しなければ一生単価が上がらないからです。

研修制度などが整っており、会員の教育に力を注いでいるところは良いクラウドソーシング会社ですね。

継続して仕事がもらえる

良いクラウドソーシングは継続案件があります。

大手を含めて多くのクラウドソーシングサービスは、単発案件がほとんどです。

単発案件だけでは安定した収入が得られません。

一方、良いクラウドソーシングサービスは継続して稼げる案件があるので、この点は重要視したいところですね。

安定して稼ぎたい方は代理店プラットフォーム「クラスタ」を

最後に、クラウドソーシングサービスと同じく、副業として最適な手段である、代理店プラットフォームについて紹介します。

結論から申し上げると、副業を始めるなら、圧倒的に代理店プラットフォームを利用するべきです。

なぜなら、代理店プラットフォームは手数料がかからず、さらにスキルアップもでき、継続案件も多いからです。

日本最大級の代理店プラットフォームである「クラスタ」は教育制度も充実しています。

例えば、同じ会社が経営しているオンラインサロン「UR-U」ではビジネスマンとして稼げるスキルを提供しています。

そして、UR-Uに入りながらクラスタを利用することで、利用料無料で、質の高い教育を受けながら副業を進められるのです。

正直ここまで効率的で、質の高いサービスはハッキリ言ってクラスタの他にないです。

以下では、クラスタについて詳しく紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

まとめ

今回は、クラウドソーシングの比較と、代理店プラットフォームであるクラスタについて紹介しました。

人気のあるクラウドソーシングサービスだからといって、必ずしも理想の結果が得られるとは限りません。

もしかしたら、低い労働単価で一生スキルアップもできないまま、副業ライフを挫折することになるかもしれません。

多少労力がかかっても、きちんとスキルアップをして、それなりに高い報酬を得たい方は本記事を参考に比較検討をしましょう。

また、スキルアップの手段として優れているオンラインサロンについては以下の記事でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。