【人間は不平等】竹花貴騎の努力と成功者になるための秘訣を徹底解説

近年、YoutubeやTwitterなどで実業家が積極的に発信をするようになり、彼らは世間でも知名度を上げつつあります。

その中でも特に有名なのが、世界に事業を展開している竹花貴樹です。

この記事を読んでいる方の中にも、竹花貴騎のYoutubeやTwitterをみたことがある方もいることでしょう。

竹花貴騎は、若くして大きな成功を納めている実業家です。

今回は、そんな彼の努力について詳しく紹介します。

竹花貴騎はどんな努力をしていた?

日本に数いる実業家の中でも、一際目立った成果を上げている竹花貴騎。

今でこそ竹花貴騎は成功者として名をあげていますが、彼も例に漏れず泥臭い下積み時代を経験しています。

以下では、竹花貴騎が昔にどのような努力をしていたかについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

会社員・下積み時代の努力

竹花貴騎は、実業家として名をあげる前は、普通の会社員として働いていました。

会社員時代は、Googleや東証一部企業のSMS、リクルート戦略企画室などで働いており、どれも有名な1流企業です。

さらに竹花貴騎は、それぞれの会社にて成果をあげており、例えばSMSの事業では海外で新しいビジネスを立ち上げるなどの実績を残しています。

海外での起業経験や、リクルートなどの有名企業での職務経験は彼にとって貴重な財産となったに違いありません。

輝かしい実績は、彼の才能のみならず、努力あってのものですよね。

副業をしていた時代の努力

竹花貴騎は、起業家として成功する前は副業にて事業を始めていたそうです。

副業では、インスタグラムの活用など、マーケティングに携わる仕事をしていたそう。

毎日神奈川から東京までの通勤電車にて、グリーン車を予約し、そこでコツコツ副業したというエピソードもあります。

会社員時代の竹花貴騎は相当忙しかったらしく、仕事以外の時間はほとんどが副業の時間で、睡眠も3時間ほどだったようです。

周りの会社員が飲み会などをしている中で、血の滲むような努力をしていたことが伺えますね。

彼自身も自身の経歴を振り返る時、会社員時代が一番努力していたと語っています。

経営者としての努力

竹花貴騎は、経営者になっても己の成功に腐心することなく、努力を続けています。

多くの経営者は、成功を収めるとすぐ安定思考に走りがちですよね。

成功を収めた後は、努力することをやめ、会社員に仕事を任せるといった方もいます。

一方、竹花貴騎は現在も、朝早くに起きて自身の事業のために仕事をしています。

竹花貴騎が努力家で、野心家であることがわかりますね。

竹花貴騎は努力に関してどう言及しているのか

経営者として、たゆまぬ努力をしてきた竹花貴騎。

竹花貴騎は努力することに対してどのような持論を持っているのでしょうか。

以下では、竹花貴騎が語る努力についてその持論を紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

早起きをするべき

竹花貴騎は、早起きに関して深い造詣を持っています。

早起きは、誰にでもできる努力です。

実際に竹花貴騎は、以下のようなコメントを残しています。

人より3時間早く起きることで、10年間で4.5年分の生産時間が作れる。

時間にも2つの種類があり、生産性のある時間とそうでないものがある。生産性のある時間の過ごし方が重要

出典|Youtube

早起きすることで、人よりも多くの生産時間を確保し、それを努力する時間に費やすという非常に合理的な考え方ですね。

竹花貴騎の成功の裏には、早起きの習慣が関与していたのは言うまでもありません。

周りを気にしないこと

竹花貴騎は、努力をすることに対して、周りを気にするなとも語っています。

世の中には、夢に向かって努力をする方を蹴落そうとする人もいます。

例えば、「なんで安定した大企業に勤めているのに、起業なんかするの?」などの冷ややかなコメントを竹花貴騎自身も受けたそうです。

夢に向かって努力をする方は、本来賞賛されるべきですよね。

周りを気にして努力をやめたり、仲間との遊びに付き合ったりしすぎると、努力の成果が報われません。

そのため、竹花貴騎は周りを気にせず、自身の目標に向かってひたむきに努力することを推奨しているのです。

やりたいことのために努力をしろ

竹花貴騎は、夢や目標に向かって泥臭く努力をした人物です。

そして、もし夢や目標があるなら、諦めずそれに向かって努力をするべきと彼は語っています。

社会人時代は、周りが飲み会や遊びをしていたにもかかわらず、自身だけはひたすら努力を続けてきたそうです。

やりたいことがあるなら、時間を作って努力をするべきだといった、彼ならではの熱いメッセージですね。

竹花貴騎の努力の成果は?

努力に対して、さまざまなメッセージを投げかけている竹花貴騎。

竹花貴騎は、社会人時代から現在まで努力を続けていますが、彼の努力の成果はどのようなものでしょうか。

努力の重要性について語るならば、当然ですが自身が結果を出していなければいけません。

以下では、竹花貴騎の努力の成果について詳しく紹介しています。

副業時代

竹花貴騎は、会社員時代から副業を行っていた経歴があります。

しかし、彼が試みてきた事業はことごとく失敗に終わっているそうです

竹花貴騎は自身で「20代で一番失敗したのは自分だ」と語っています。

竹花貴騎は、数えきれないほどの失敗の経験をしており、それが糧になっているのですね。

努力の成果が報われない時もあるが、失敗は必ず次に生かされるといった、彼ならではの教訓が学べますね。

現在

努力をしても成果に結びつかないこともあった竹花貴騎ですが、現在は違います。

例えば、彼が会社員時代に開業したLIMは、現在億単位の年商を記録しています。

さらに自身の財団やオンラインサロン、海外移住コンサルティングなどさまざまな事業を手がけているのが現状です。

これも数多くの失敗と努力を繰り返してきた成果でしょう。

でも一般人には難しい現実も

並々ならぬ努力で、現在は成功者として注目を集めている竹花貴騎。

彼のエピソードを知って、啓発される方もいると思います。

しかし、「彼のように努力できる人は稀だ」と考える方もいるのが事実

夢を持っていない方や、一人孤独に努力を続けなければいけない方にとって、彼のように成果を上げるのは非現実的に思えるかもしれません。

確かに、一緒に頑張る仲間がいなく、さらに夢がなければモチベーションは続きません。

では、そのような方は成果を上げるためにどのような行動を起こすべきでしょうか。

以下では、努力をする最適の方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

努力するのが難しい人におすすめの方法!

誰しもが竹花貴騎のような華々しい成果が得られるわけではありません。

しかし、成果を上げるためにコツコツと努力をすることはできます。

今回は、努力をするのが難しいと感じている方に向けておすすめの方法を紹介します。

努力するには環境が必要

努力をするためには、環境が必要です。

例えば、夢や一緒に頑張る仲間がいなければ努力は続きません。

逆を言えば、夢を持った仲間がいる環境を作れば努力は継続できますよね。

人は、自分のためではなく、誰かのために行動することで強いモチベーションを発揮します。

竹花貴騎も自身の家族や事業仲間のために、努力を続けてきた経歴があります。

何かに向かって努力を継続したい方は、環境作りから始めましょう。

おすすめはUR-U

努力をするためには、環境が必要ですが、その環境はどのように作ればよいのでしょうか。

結論から話すと、おすすめの手段はUR-Uです。

UR-Uでは、同じような夢や目標を持った方と交流できる特徴があります。

さらに、目標達成に近づくためのスキルや知識も身につきます。

以下では、UR-Uの詳しい内容について紹介しているので、気になる方はぜひ併せてご覧ください。

まとめ

今回は、竹花貴騎と努力について紹介しました。

竹花貴騎は、紛れもない努力家で、多くの失敗を経験した経営者でもあります。

もし彼の思想や、努力に感銘を受けた方がいましたら、今後もぜひ本記事を参考に自身のやる気の材料としてください。

また、竹花貴騎の詳しい経歴については以下の記事で紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。