コラム

お金持ちになる為には富裕層から学べ!借金地獄から脱出した筆者が年収別プランも解説

megumi
megumi

こんにちわ。

オンラインサロンマニアのmegumiです。

TVやネットで特集される富裕層のラグジュアリーなライフスタイル。

あんな風に、自分もお金持ちになる為にはどうしたら良いの?

それはお金持ち・富裕層に学ぶことが一番の近道です。

「餅は餅屋に聞け」と言われるように、彼らはお金を増やすスペシャリストだからです。

今回は、自身も富裕層との接触で借金地獄から脱出した経験をもつ筆者が「お金持ちになる方法」をリアルガチ解説します。

この記事を読めば貴方も間違いなく「金持ちの入口」に近づけますよ!

 この記事を書いた人

megumi
megumi

megumi メグミ・40代大人女子

【住処】
海外・東南アジア在住

【年収】
1000万超え(正確な金額はひみつ)

【略歴】
起業・フリーランス歴通算20年。
元某財閥系商社ウーマン。
元エステサロンオーナー。

【職業】
・起業家
・フリーランサー
・貿易代行
・海外ビジネス
・ECコンサルタント
・美容事業コンサルタント
・webマーケティングライター
・アフィリエイター(主に美容系のスペシャリスト)

お金持ちになる為には富裕層から学ぶのが鉄則!

富裕層

お金持ちになるためには、お金持ちに方法を学ぶことが鉄則です。

筆者が在住している東南アジアでは、地元民の誰もが「日本人=お金持ち」と位置付けています。

ところが、実際の日本国内において「お金持ちがお金持ちである理由」をよく理解している日本人は多くありません。

俗に「お金は寂しがり」と言われます。

お金はお金のあるところにどんどん流れ、お金のないところにはなかなか来ないものです。

さらに、お金は「大切に・上手に扱ってくれる人」のところに居座りたい特性を持ちます。

考えてみれば、これは人間である我々にとっても同じです。

●友達が少ない人=信頼無し・性格に問題?
●友達が多い人=信頼有り・楽しい人かな?
●大切に扱ってくれる人=大切にするべき人
●扱いが上手な人=ついていきたくなる人

つまり、お金持ち、富裕層とはお金を「ヒト」と同等に大切に・かつ特性を理解して上手に扱っている人達なのです。

お金持ち=年収の高いひとと必ずしもイコールではない

皆様は「お金持ち」のことをどこまでご存じでしょうか?

お金持ち=年収が高い人のことじゃないの?

それは大きな誤解です。

なぜなら、筆者は世帯年収2000万でもお金持ちに該当しない人を何人も知ってるからです。

え~、うっそ~!世帯年収2000万も稼げてるなら生活に余裕があるはず!

単純な話ですが、2000万収入があっても2000万以上支出があれば金持ちとは言えません。

それは、その家族が無計画過ぎるからでしょ!

はい、その通りです。

反対に世帯年収450万でも資産を着実に増やせる人も知っています。

つまり、お金持ちになるには収入・支出を考慮し、プランをたて、資産を着実に増やせることなのです。

お金持ち=運や才能とはイコールではない

お金持ちとは、必ずしも運や才能とはイコールではありません。

え!お金持ちは運や才能に恵まれた人に間違いないじゃん!

それはお金持ちのことを誤解しています。

アスリート、芸能など、運や才能でビックマネーを稼いだ人達は世界に数多く存在します。

ビックマネーを手にした著名人の数が世界で最も多いのが米国ですが、彼らが生涯にわたって多額の資産を残せているケースは多くありません。

マイケルジャクソン、ニコラスケイジ、マイクタイソンなど、浪費、離婚のはてに破産に追い込まれているエピソードは有名です。

このように、ビックマネーが手にできる運や才能に恵まれてる人でさえ、お金を大切にしなければお金はいつでもその人の元から去っていくのです。

資産10億超富裕層ほど大きなリスクを好まない

資産10億

筆者と今も取引のあるビジネス仲間には、資産10億強を保有する富裕層が数人います。

失礼を承知で申し上げますと、彼らが平均所得の日本人に比べてずば抜けた才能、学歴、運を持っている人達かと言えばそうではありません。

共通項は、お金との向き合い方、扱い方が非常にシンプルなだけです。

例えば、1ヵ月後に10万の利益を受け取る運用、ビジネスを行うとしましょう。

以下A.Bのどちらがより「確実に1ヵ月後に10万の利益を得る」ことができるでしょうか。

A.10万の資金からリスキーな方法で増やす
B.1000万の資金から確実な方法で増やす

誰がどう考えても答えは「B」です。

いや、自分は10万の元手で10万増やすアイデア・自信がある!

このように息巻く方もいますが、お金持ち・富裕層ほど余計なリスクがかかる方法を選択しません。
(※中にはいますが。)

Aの方が算出上の利益率は高いですが、失敗すれば10万円を失う可能性もあるからです。

裏を返せば、お金、資産を減らしやすい人は「A」を選択してしまう人です。

かつて筆者が借金生活に悩む事態に陥ったのも、「B」から「A」に勝負をかけた直後の事です。

つまり、お金持ちとは、リスクを選ばず「B」の繰り返しを確実に延々とクルクル運用する人達です。

そして、筆者自身がどん底借金生活から再びお金持ちの入口に再起できたのは、他ならぬ富裕層と密に関わり、彼らの所作を自ら真似るようにしたからです。

みんなが想像するお金持ちの基準はいくら?データから検証

お金持ちになるためには、お金持ちのことをよく知らなくてはなりません。

なぜなら、自分が想像する「お金持ち」は、さほどお金持ちにあてはまらない人たちかもしれないからです。

そもそも皆様が想像する「お金持ち」「富裕層」の基準は、いくらぐらいのお金を持ってる・稼ぐ人のことでしょうか。

年収1000万ならお金持ちの部類では?

いやいや、富裕層は年収5000万以上でしょ!

ここで筆者はある不動産投資新聞が実施した興味深いデータを発見しました。

そのデータとは、次のような内容です。↓

”「自分の年収によって「富裕層」の定義が変わる!! あなたにとって、年収いくらが富裕層?”
rakumachi.jp

このデータの概要はお金持ち、富裕層の定義とは、現状の年収次第で全く異なることを証明したものです。

検証した結果、結論から言いますと、日本人にとっての「富裕層」の基準とは、おおよそ自身の年収の3倍ぐらいを目安にしていることがわかりました。

一方で、年収2000万~5000万以上の高額所得層になるほど、自身より年収が下であるはずの「年収1000万程度」を富裕層のカテゴリーに含めているという驚くべき結果も明らかになりました。

各年収ごとの検証データは次項をご覧ください。

年収300万未満の方

年収300万未満引用元:rakumachi.jp

年収300未満の全体の30%ほどが「年収1000万」を富裕層と回答しています。

新聞でも伝えられていますが、意外なのは最も自分に近いはずの「年収700万」は富裕層に含めていない点です。

おそらく、年収700万程度の人は周りにも存在しており、彼らの生活スタイル、所作を見ていてさほど自身と大差がないことを認識しているためでしょう。

年収300万以上500万未満の方

年収300万以上500万未満引用元:rakumachi.jp

国税庁の民間給与実態統計調査によりますと、2019年度日本人の平均年収は441万です。

nta.go.jp
つまり、ここでの年収300~500万は、日本人に最も多い平均年収層ということになります。

この所得層の約40%が年収300万未満の方と同じ、年収1000万を「富裕層」と回答しています。

このデータ結果から考えますと、日本人のほとんどが年収1000万=お金持ち・富裕層と位置付けるのも納得です。

年収500万以上700万未満の方

年収500万以上700万未満引用元:rakumachi.jp

年収500~700万とは、いわゆる国家中級・地方公務員、一部上場企業社員平均年収に最も多い層です。

やはり、この層は年収2000~3000万程度でなければ「富裕層」としていませんね。

年収300未満・平均所得層と同様に、自分達の年収の3倍以上である年収1000万を富裕層にしているのと、感覚は同じです。

40代後半である筆者の同世代の友人達も、ほぼこの所得層に集中しています。

年収1000万以上年収1500万未満の方

年収1000万以上年収1500万未満の方引用元:rakumachi.jp

いよいよ日本の平均所得層のほとんどが「富裕層」と位置付ける年収1000万~年収15000万層です。

この層になると動向が一挙に変わり、断トツで全体の60%近くが年収3000万以上を富裕層だと回答しています。

むしろ、自分達の等身大である年収1500万は「富裕層」、つまり金持ちだとおもっていないこともわかります。

ちなみに、筆者の周りに年収1000万をリアルに稼いでる友人は数名いますが、確かに彼らを「金持ち」「富裕層」と呼ぶには適切でない気がします。

ええ~!年収1000万もあればだいたい贅沢できるのでは?躊躇なく買い物もできるし。

「なぜ自分を金持ちだと思わないか?」の質問を本人に聞いてみたところ、次のような回答でした。

●周りとのお付き合いに支出が多い
●仕事のストレス発散でつい浪費してしまう
●子供達の習い事、車などの経費もかかる

また、2020年から年収850万以上層の増税が決定したことも、一因となっているとのことです。

年収2000万~5000万以上の方

年収2000万引用元:rakumachi.jp

年収5000万引用元:rakumachi.jp

さて、日本人のほとんどが「富裕層」だと認める年収2000~5000万以上の高所得層。

ここで最も興味深いデータ結果が出ています。

1つは、自身の年収より低い年収1000万の人を「富裕層」に含めているところです。

年収2000~3000万の40%は、自分達のやや上の年収を「富裕層」に位置付けているのは現実路線です。

ただ、なぜか年収5000万以上クラス70%が1000万を富裕層に含めているのは驚きです!

日本人の平均年収層に合わせて客観的に冷静な回答をしているからなのでしょうか。

筆者はこうして借金地獄から金持ちの入口に来た【体験談】

そうそう!megumiさんって、過去に借金地獄からどうやって再起したの?

前述の通り、富裕層に特定して仕事、ビジネスを取り組むことに終始したのみですよ!

過去の自分の悪かった点を真摯に、冷静に分析したところ、次のようなことに気が付いたのです。

●ビジネス拡大には借金必須と思い込んでいた
●ビジネス計画・キャッシュフローの甘さ
●気の合う人ばかりで固める「お友達内閣」
●周りも資金繰り・案件獲得に困ってる人ばかり
●大きな額の話ばかりに食いつきがちだった

う。自分の周りもそうかも。

気の合う友人とつい一緒に何かしようとしちゃう!

借金って必要なのでは?

自分と仲の良い友人同士は話が盛り上がりがちですが、これは失敗の典型パターンです。
(※今の〇民党政治と同じです。)

ビジネスはその案件に対応できる能力のある者同士がパフォーマンスを発揮する場であり、お友達内閣で固めてもプラスに運ぶ可能性はかなり低いです。

次に、資金面です。

一昔前は「事業をデカくするには借金だ~!」という風潮があり、筆者もそのノリに流されてしまった内の1人です。

しかし、よくよく冷静に考えれば、ほとんどのビジネスは借金しなくても十分成立します。

だって、お金はお金のある人に出してもらえば良いですから。

今から考えれば、金融機関からあんなおそろしい額をよく引っ張ったものだと過去の自分が怖くなります。

一番の極めつけは、「自分の周りも資金繰り・案件獲得」に困ってた人ばかりになっていたことです。

今から冷静に考えれば、お互い金のない者同士、傷のなめ合いをしてても1円の利益につながる訳などありません。

お互い話してる時は気持ち良いですが、負の状況の者同士ががん首揃えても、根本的な解決策にはならないのです。

どん底から引き揚げてくれた超富裕層の共通点

筆者をどん底から引き揚げてくれたのは、資産10億強の超・富裕層です。

そして、彼らには次のような明らかな共通点があります。

●金融リテラシーが高い
小さな金額のやり取りを重ねて信頼を築く
自分にない部分を補えるヒトを大切にする
「貧しい人」とは付き合わない
●早起き・朝の時間を効率良く活用している
●健康に気を使っている
●ビジネスに「お酒」「異性」を持ち込まない
●家族を大切にして子供の教育に惜しみなく投資

特に注目するべきは太字部分です。

君に〇000万投資しようじゃないか!

当初からこういう事を安易に言う投資家・富裕層はあやしいと考えて間違いありません。

あやしいって言っても投資するのは向こうなのに?
こっちが騙されることある?

いえいえ、いっぱいありますよ!

実際に筆者の知人にも「自称・富裕層」のおっさんに騙されたグループがいました。

億単位の大きい投資額をチラつかせ、特定のグループから「審査料」などの名目で吸い上げるパターンです

1人50万ずつでも6人いたら300万です。

この「審査料」とは非常に巧妙なパターンです。

仮に投資してくれなくてもこちらはクレームできませんし、審査料を返還してくれとも言えないです。

真の富裕層は、よく知らない相手にいきなり大きな額を投資することは、

「まず無い」

と考えていいでしょう。

彼らは、数百円、数千円のやり取りを毎日続けられる人と安定・確実な関係を好みます。

でも、前澤さんなんかいきなり10億投資とか言ってるけど?

あれは前澤さんも本人から先に審査料をとってますからね。

これは、「貧しい人間」ではないという証明を先にとっている事も含めているのです。

富裕層の不足部分を補える・習慣も見習う

いかなる財力を持つ人でも、ヒトは完璧ではありません。

その人の「ニガテな分野」は何かしらあるものです。

筆者が関わった超・富裕層達は海外分野が苦手な人たちでした。

商社出身、海外在住の筆者は、彼らの海外支店的な役割、市場調査などニガテな部分の補足を徹底しました。

それは何も専門分野に限らず、その方の組織の中で聞き役、サポート役に回るなど立ち回り次第でポジションはいくらでも確保できます。

また、富裕層は何よりも健康が一番の財産であることをしってるため、お酒など無駄な付き合い、浪費も避けます。

家族、パートナーを大切にすることこそQLC(生活品質向上)であることを知っているため、子供の教育、パートナー選びも余念がありません。

年収別・お金持ちに近づくためのプラン

ここでは「どん底を経験した」筆者が考える、年収別お金持ちに近づくための習慣プランをご紹介します。

既に年収1000万を獲得しておられる方は、現状のお仕事その他を飛躍させていくことが最短の近道です。

そのため、本項でご紹介するプランは、年収1000万未満の方を対象とさせて頂きます。

年収300万未満の方

この所得層の方がお金持ちに近づく最短の方法は、成功者・超富裕層の物理的に近づくことです。

富裕層の方の身の周りのお世話、掃除、運転手でも何でもかまいません。

どんな職種でもかまわないので、ボランティアでもなるべく目に付くとこにいるようにするのです。

極端に言えば、上場企業で月収18万の事務職に就くより有益です。

ええ~!ただの掃除?運転手なのに?

当たり前ですが、お金持ち、富裕層と接触するには、物理的に距離を縮じめなければ目にもとまらないばかりか、チャンスはやってきません。

今では、様々なメディアで活躍している元・衆議院議員の杉村太蔵氏も、外資系証券会社のビル内で「トイレ掃除担当」で、その証券会社のCEOに声をかけられたそうです。

彼は誰よりも一番にトイレをピカピカに磨いて、一番を目指したそうです。

しかし、トイレ掃除はほとんどの人が「絶対嫌、できない!」という発想になります。

意外ですが、彼はそれを人の何倍も完璧にやり遂げたのです。

何よりもそれは杉村さんの所作が評価された証拠です。

杉村さんは、現在保有資産5億は軽く超える実質的な「富裕層」に君臨しています。

もし、彼が「トイレ掃除なんて...。」とバカにしてたら今の栄光は絶対なかったでしょう。

それが早急に金持ちに近づく方法です。

年収300~500万・平均所得層の方

日本の平均所得層の方が金持ちに近づくためには、現状の自身の業務スキルアップ・将来の自分のための投資を徹底することです。

例えば、会社で経理課に所属し、今後もその部署でいる予定であれば「P/L」「決算書作成」までスキルを強化することです。

現在の部署で役立たたなくても、次の転職時にはそのスキルが評価されます。

営業の方であれば、「どうやったらトップセールスに近づけるか?」

現在在籍している会社でトップに近い成績を収めることです。

もし、これらに該当しなければ、副業を始めてみるのも手です。

会社員の方、フリーランスでも年収が乏しい方も、資金をなるべくかけず、自分ができるスキルチャンネルをたくさん増やしましょう。

年収500万以上1000万未満の方

年収500万以上~1000万未満のポジションの方は、早期に将来の自分のビジョンをはっきりさせましょう。

現在のうちに副業、投資、起業など早期に併用し、お金に働かせる工夫を行うことです。

一般的に、サラリーマンの生涯年収は2~3億前後です。

単純計算では、起業でこの年収を上回る目算がつくなら勝負を決めるべきかもしれません。

現在の会社で定年まで勤めるのか、独立、起業も視野にいれるのかでプランは変わります。

もし、副業禁止の企業に在職されている場合は、株・FX・不動産投資など「不労所得」で保有資産を増やすことが有力な選択肢となるでしょう。

サラリーマンを生涯続けて富裕層になれるか?

以下のリスト上位30社に在職されている、あるいは上級公務員でないと困難と言わざるを得ません。

仮に富裕層になっても、60歳以降、定年後ですので、なるべく年齢が若いうちに自分の将来設計を明確にし、その方向に従ってスキルを強化することです。

オンラインサロンは効率的に富裕層の所作が学べる手段

富裕層と効率的に接触できる手段としておすすめなのが、ビジネス系オンラインサロンです。

かつては富裕層と接触できる機会は、ごく限られた手段でした。

SNS、ネットツールが普及した現代では、オンラインで彼らと簡単に接触することが可能です。

彼らが定期的に発信する動画、メルマガで富裕層の思考回路を学び、猿真似から実践してみるのです。

シャドウボクシングと同じで、何でも見よう見まねからやってみることが肝心です。

また、ビジネス系オンラインサロンは、オフ会や、交流会などで主宰者と接触し、直接アドバイスをもらえることも可能です。
主宰者の資産、成功体験のレベルなどをよくよく吟味し、自身の今後のマネー・ライフプランクオリティアップに有益なサロンをご検討ください。

お金持ちになる為には富裕層の所作・思考回路を学べ

習慣

今回は、「お金持ちになるための方法」を自身の体験も交え解説しました。

まとめますと、お金持ちになる為にはお金持ちに学ぶことが一番の近道です。

お金はお金のあるところにどんどん流れ「大切に・上手に扱ってくれる人」のところに居座りたい特性を持つからです。

お金持ち・富裕層はその特性をヒトの何倍も理解し、お金の操作に長けたスペシャリストです。

筆者の経験に基きますと、お金持ちになるには才能・運はさほど関係なく、収入・支出を考慮し、プランをたて、資産を着実に増やすことを実行するのみです。

これらを踏まえ、年収別「富裕層に近づくプラン」は以下の通りです。

年収300万未満の方

この所得層の方がお金持ちに近づく最短の方法は、職種・立場を選ばず超富裕層に物理的に近づくことです。

年収300~500万・平均所得層の方

日本の平均所得層の方が金持ちに近づくためには、現状の自身の業務スキルアップ・将来の自分のための投資を徹底することです。

年収500万以上1000万未満の方

早期に将来の自分のビジョンをはっきりし、副業、投資、起業など早期に併用し、お金に働かせる工夫を行うことです。

一方、お金持ちになる為の効率的な手段の1つとして、ビジネス系オンラインサロンは、おすすめです。

オンラインサロンで成功者である主宰者と交流し、彼らの所作、思考回路をぜひそばで習得しましょう。

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。
変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー

関連記事

  1. 飲食店・キッチンカーの成功は最先端支援スクールを賢く使え!失敗例もプロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP